所属機関におけるUpToDateの利用を促進

医療機関に所属する臨床医に対し、UpToDateを利用できることを徹底周知しましょう。

  • Favicon UpToDateのアイコン – UpToDateのアイコンが利用者の目にとまるように、デスクトップやページ、メニューに配置します。ご質問や特定の画像サイズをご希望の場合は、sitesupport@uptodate.comまでお問い合わせください。
  • UpToDateへの直接リンク – イントラネット、ポータル、医療情報システムのページやメニューに直接リンク(www.uptodate.com/contents/search)を追加します。
  • 医療情報連携基盤(EMR/EHR)への統合 – UpToDateは、医師ポータルやMyAthensなどのパスワード認証が必要なシステム、および医療情報連携基盤(EMR/EHR)へのシームレスな統合が可能です。EMR/EHRへのUpToDate統合については、こちらをご覧ください。
  • 患者用検索ボックス – 患者やその家族が、疾患についてのバイアスがかかっていない最新詳細情報を得るのに役立つ機能です。
  • ブラウザ検索 – UpToDateウェブブラウザプラグインウェブブラウザプラグインは、検索結果ページをすぐに表示するため、臨床上の疑問に対する回答をすばやく得るのに役立ちます。

ニュース&イベント