編集

臨床医が信頼する情報

UpToDate®が世界中で最も信頼されている臨床意思決定支援システムとなっている理由のひとつに、その厳格な編集プロセスが挙げられます。

6,500名を超える医師が、その深い臨床専門知識を駆使して執筆、編集、ピアレビューを担当し、入手できる限りの医学文献を細部にわたって評価しています。これによって作成された独自のコンテンツは、簡潔で検索しやすい形式にまとめられているため、ポイントオブケアでもすばやく、簡単にアクセスできます。

「エビデンスに基づく医療」という用語を考案したマックマスター大学のゴードン・ガイアット博士は、UpToDateの編集者と協働するために、UpToDateを年に6~8回訪問しています。博士がUpToDateの執筆を担当する医師とともに、UpToDateの格付け推奨治療法の裏付けとなるエビデンスを確認・分析する様子を動画でご覧ください。

ピアレビューを経たコンテンツ

各臨床レビューは、その分野の専門家が執筆し、少なくとも2名の医師が精査を担当します。グループが一団となって文献を総合的に確認し、臨床医がよりよいケアを提供できるように、治療およびスクリーニングの明確な推奨事項をまとめています。これらの推奨事項は、すべてエビデンスに基づいています。

UpToDateが行う比類なき適正評価が、世界中で130万名を超える臨床医と米国にある医学教育機関の90%の信頼獲得につながっています。

編集

バイアスがかかっていないコンテンツ

UpToDateは、営利目的に左右されない偏りのないコンテンツを提供するため、広告や資金的援助を受けることは一切ありません。

詳しくは、編集方針をご覧ください。

ニュース&イベント