コミュニケーションテンプレート

UpToDate®のニュースレター記事およびテンプレートは、さまざまなテーマに関する情報を提供し、以下を支援します:

  • 貴機関でUpToDateを利用できることを臨床医に知らせる
  • UpToDateが臨床意思決定支援ツールであることを強調する
  • UpToDateを最大限に活用する方法を知らせる

情報を印刷物、Eメール、ニュースレターの内容としてご利用ください。特定の読者に合わせて編集してもよいでしょう。

テンプレートの使用方法は簡単です。

  • アクセスおよびお問い合わせ先セクションに貴機関のアクセスおよびお問い合わせ先を挿入し、メッセージの最後にこのセクションを必ず追加する
  • 以下のメッセージをコピーし、掲載媒体に貼り付ける
  • 必要に合わせて内容をカスタマイズする
  • 貴機関のUpToDateのユーザーに記事を配布する

下記の目次のタイトルをクリックすると、関連情報にジャンプします。

貴機関でUpToDateを利用できることを知らせる。

UpToDateが臨床意思決定支援ツールであることを強調する。

UpToDateを最大限に活用する方法を知らせる。


このセクションをカスタマイズしてコミュニケーション媒体にご利用ください。

アクセス&お問い合わせ先:

文例1-UpToDateにアクセスするには、<医療機関名>のコンピューターでデスクトップのUpToDateアイコンをクリックするか、またはwww.uptodate.com/contents/searchと入力してください。アクセスに関する質問や研修の依頼は、<情報を追加>までご連絡ください。

文例2-<アクセスポイントの説明>で<EHR名>からUpToDateにアクセスしてください。EHRから臨床レビューを検索すると、CME/CE/CPD単位が自動的に記録されます。アクセスに関する質問や研修の依頼は、<情報を追加>までご連絡ください。

貴機関でUpToDateを利用できることを知らせる

UpToDate®を<医療機関名>の臨床医全員が利用できるようになりました

UpToDate®はエビデンスに基づいた臨床意思決定支援システムで、医師が執筆しています。このUpToDateを、<医療機関名>の臨床医全員が利用できるようになりました。

UpToDateの特徴:

  • エビデンスに基づいた医療コンテンツは6,500名以上の著名医師が調べ、作成し、継続的に更新
  • 24の専門領域にわたって執筆された10,500件以上の臨床レビューに概要と推奨治療法を掲載
  • 患者の治療方法に影響を与える重要な研究にハイライトを当てた「Practice Changing UpDates(最新の診療アップデート)」
  • 最新重要所見の概要を専門領域別にまとめた「What's New(最新情報)」
  • PubMed、および購読契約している場合はフルテキストにリンクする440,000件以上の参考文献
  • 医療用計算機能
  • 1,500件以上のテーマをカバーする患者向け情報
  • 成人・小児向け医薬品、国際医薬品に加え、薬物-薬物間、薬物-薬草間の格付け済有害反応情報を提供する薬物相互作用ツールなど、5,800以上の医薬品情報を収載した厳選医薬品データベース(Lexicomp®と提携)。

患者ケアの向上を目指した継続的取り組みの一環として、全臨床医にUpToDateへのアクセスを提供します。UpToDateの利用方法を学ぶ短いビデオを、UpToDateのウェブサイト(www.uptodate.com/home/help-demo)でご覧ください。

この素晴らしい情報源を、是非ご活用ください!

アクセス&お問い合わせ先:
<情報を挿入-例を参照

トップに戻る

UpToDate®はアウトカムの向上に結びつきます

<医療機関名>は、患者ケアの向上を目指した継続的取り組みの一環として、エビデンスに基づいた臨床意思決定支援システムであるUpToDateへのアクセスを提供しています。UpToDateが有用であると確信する理由の1つが、ある研究に反映されています。この研究は、救急病院のメディケア患者を対象に実施されたもので、安全性の向上、合併症の低下、入院期間の短縮がUpToDateの利用と結びついていることが実証されています。1

利点:

  • 入院期間の短縮
  • 合併症の発生率低下
  • 患者の安全性スコア向上

さらにこれらの利点は、UpToDateの利用頻度と有意に相関していたということです。UpToDateを日常的に利用することで、当機関の患者ケアにも同様の影響をもたらすことが期待されます。

UpToDateには、最新研究が包括的に統合され、ポイントオブケアで利用できる推奨治療法が盛り込まれています。医療情報はエビデンスに基づいており、世界中の著名医師ネットワークによって継続的に更新されています。

UpToDateと臨床アウトカムとの結びつきを示すその他の研究を、UpToDateのウェブサイト(www.uptodate.com/home/research)でご覧ください。

この価値ある情報源にアクセスし、患者ケアの向上を目指す継続的取り組みの一環として日常的にご活用ください。

アクセス&お問い合わせ先:
<情報を挿入>

1. Bonis, PA et al; Association of a clinical knowledge support system; Intl J Med Inform. 2008 Nov;77(11):745-53

トップに戻る

研修医もUpToDate®を利用できます

<医療機関名>へようこそ! <医療機関名>はエビデンスに基づいた臨床意思決定支援情報源であるUpToDateを購読契約しています。UpToDateは医師が執筆し、1日に浮かび上がる疑問の多くに回答を提供します。

最近のある調査では、UpToDateの利用によって研究、診断、管理の37%が変更されることが示されています。これはUpToDateが重要なベネフィットをもたらし、患者アウトカムにプラスの影響を与えるという前提を裏付けています。当機関の臨床医がUpToDateを信頼し、その情報が極めて有益であることが研修医のみなさんにもお分かりいただけることと思います。

UpToDateの特徴:

  • エビデンスに基づいた医療コンテンツは6,500名以上の著名医師が調べ、作成し、継続的に更新
  • 24の専門領域にわたって執筆された10,500件以上の臨床レビューに概要と実用的な推奨治療法を掲載
  • 患者の治療方法に影響を与える重要な研究にハイライトを当てた「Practice Changing UpDates(最新の診療アップデート)」
  • 最新重要所見の概要を専門領域別にまとめた「What's New(最新情報)」
  • 購読契約している場合はフルテキストにリンクする3440,000件以上の参考文献
  • 医療用計算機能
  • 1,500件以上のテーマをカバーする患者向け情報
  • 成人・小児向け医薬品、国際医薬品に加え、薬物-薬物間、薬物-薬草間の格付け済有害反応情報を提供する薬物相互作用 ツールなど、5,800以上の医薬品情報を収載した厳選医薬品データベース(Lexicomp®と提携)

当機関では、患者ケアの向上を目指した継続的取り組みの一環として、UpToDateへのアクセスを提供しています。

UpToDateの利用方法を学ぶ短いビデオを、UpToDateのウェブサイト(www.uptodate.com/home/help-demo)でご覧ください。

この価値ある情報源にアクセスし、患者ケアの向上を目指す継続的取り組みの一環として日常的にご活用ください。

アクセス&お問い合わせ先:
<情報を挿入>

1. Phua J, MBBS, MRCP, See KC, MBBS, MRCP, Khalizah HJ, MBChB Manc, MRCP, Low SP, MBBS, MRCP, Lim TK, MBBS, FRCPE. Utility of the electronic information resource UpToDate for clinical decision-making at bedside rounds. Singapore Med J 2012; 53(2): 116-120.

トップに戻る

UpToDateが臨床意思決定支援ツールであることを強調する

UpToDate®でよりよい臨床上の意思決定を

<医療機関名>でUpToDate®を利用して、臨床上の疑問に対する回答を迅速に入手
医師は毎日、その診療行為の中で約11件の疑問に直面することをご存知でしたか?
実際、以下のような調査結果が出ています。1

  • 臨床場面において3回に約2回の割合で疑問が生じる
  • 解決される疑問はそのわずか40%
  • 臨床上の疑問に対する回答がすべて入手できれば、患者治療に関する判断が1日に5~8件変わる可能性がある

UpToDateは、エビデンスに基づいた最新情報を体系化し、検索しやすい形式で提供しているため、臨床上の疑問に対する回答をすばやく入手するのに役立ちます。さらに、臨床医が情報を最も必要とする場面、すなわちポイントオブケアでの利用が可能です。

UpToDateの詳しい利用方法を学ぶ短いビデオを、UpToDateのウェブサイト(www.uptodate.com/home/help-demo)でご覧ください。

この価値ある情報源にアクセスし、患者ケアを継続的に向上させる取り組みの一環として日常的にご利用ください。

アクセス&お問い合わせ先:
<情報を挿入>

1. Covell, DG. Ann Intern Med 1985; 103:596; Green, ML. AM J Med 2002; 109:218; Osheroff, JA. Ann Intern Med 1991:575; Ely, JW. J Am Med Inform Assoc 2005; 12:217; Gorman, PN. Med Decis Making 1995; 15:113.

トップに戻る

エビデンスに基づいた推奨治療法を提供するUpToDate®

UpToDateがエビデンスに基づいた情報源とされる理由
UpToDateは、臨床上の疑問に対して、エビデンスに基づいた簡潔な回答をポイントオブケアで提供するように作成されています。広範な患者ケア経験を持つ世界的に著名な専門家が、臨床上の疑問解決に応用できる医学文献を特定、確認、統合しています。関連研究はUpToDateのコンテンツ中に引用され、アクセスも可能です。また、所見は各臨床レビューの「Summary and Recommendations(概要と推奨治療法)」セクションに組み込まれています。医師でもある53名の社内専任編集者は、全員が臨床疫学の訓練を受けており、3段階のピアレビューを含む厳格な編集プロセスの完全性と整合性を監視しています。

各臨床レビューの「Summary and Recommendations(概要と推奨治療法)」に表示される推奨治療法は、格付けされています。
格付けは2つの部分から構成されています:

  • 数字(1または2)は、推奨度の高さを表す
  • 文字(A、B、C)は、その推奨を裏付けるエビデンスの質を示す

(格付け済み推奨は、GRADEシステム1を改訂したGRADE形式に従っています。1
エビデンスに基づいた医療やGRADEシステムの詳しい説明については、格付けチュートリアルをUpToDateウェブサイト(www.uptodate.com/home/grading-tutorial)でご覧ください。国際的なGRADE作業部会についての詳細は、www.gradeworkinggroup.orgをご覧ください。

この価値のある情報源を利用し、最善の患者ケア提供に役立ててください。

アクセス&お問い合わせ先:
<情報を挿入>

1. Guyatt, GH, Oxman, AD, Vist, GE, et al, for the GRADE Working Group. GRADE: an emerging consensus on rating quality of evidence and strength of recommendations. 

トップに戻る

UpToDateを最大限に活用する方法を知らせる

UpToDate®を利用して、最新の医学情報を把握

UpToDateの医師兼編集者は、440種類以上のピアレビュー済み専門誌、臨床データベース、その他の情報源を包括的に調べて、これらが日々の診療にどのような影響を与えるのかを判断しています。広範なピアレビューの後、新しい研究はUpToDateのコンテンツに慎重に統合され、研究をどのように臨床応用すべきかについての具体的な推奨も盛り込まれます。

What’s New(最新情報) - 専門領域での変更事項を手早く把握したい場合は、「What’s New」をご覧ください。24専門領域のコンテンツの重要な変更や追加事項が記載されています。臨床医の多くはこのセクションで、自分の専門領域だけでなく、専門外の領域についての最新情報を得ています。

Practice Changing UpDates(最新の診療アップデート) - 研究結果が臨床に重要な、または緊急に影響を与える場合は、「What’s New」の「Practice Changing UpDates」セクションに表示されます。

「What’s New」および「Practice Changing UpDates」は、一番上のツールバーから直接アクセスできます。さらに、UpToDateは登録ユーザーにEメールニュースレターを隔週でお届けし、最新情報および最新の診療アップデートをすべてお知らせします。

医師でもあるUpToDate編集者が確認している専門誌の一覧は、UpToDateのウェブサイト( www.uptodate.com/home/journals-reviewed-uptodate)でご覧ください。編集プロセスの詳細は、www.uptodate.com/home/editorialで確認してください。

発表された研究をすべて把握することは臨床医にとって難しいものです。信頼性の高い情報源であるUpToDateは、関連情報をタイムリーにお届けします。

アクセス&お問い合わせ先:
<情報を挿入>

トップに戻る

UpToDate®で画像検索

高品質の医療画像を提供するUpToDateには、32,000件以上の写真、表、イラスト、図、グラフ、アルゴリズム、動画が収載され、同僚や患者と話し合ったり、臨床上の疑問を解決するのに役立ちます。さらに、これらに画像を手早くPowerPointにエクスポートし、トレーニングに使うことができます。

画像へは、以下のいずれかの方法でアクセスできます

  • 臨床用語を検索する前に、検索ボックスのドロップダウンメニューから「Graphics(画像)」を選択して検索対象を絞る
  • 臨床用語を検索した後に、左のナビゲーションパネルにあるメニューから「Graphics(画像)」を選択する
  • 画像の検索結果はサムネイル形式で表示されます。サムネイルをクリックすると拡大されます。

画像の検索、患者や同僚との情報共有、画像のエクスポートの詳細については、短いデモ動画をご覧ください。臨床上の疑問解決に、画像検索を役立ててください。

アクセス&お問い合わせ先:
<情報を挿入>

トップに戻る

UpToDate®を多言語で検索

スペイン語、フランス語、ポルトガル語、ドイツ語、日本語、イタリア語、英語、簡字体・繁字体中国語・・・UpToDateをこれらの言語で検索できることをご存知でしたか? 世界中にユーザーを有するUpToDateは、地域に合わせてデフォルト設定している使用言語を変更できます。登録ユーザーが使用言語を変更すると、その設定が保存されます。

別の言語で検索するには、検索ボックスにある「Search in another language(別の言語で検索)」で使用言語を選び、検索する語句をその言語で入力します。UpToDateに備わる多くのツールは、操作を円滑にするために設定言語で表示されます。(検索結果は英語で表示されます。)「Search in Your Own Language(自国語で検索)」の詳細については、短い動画をご覧ください。

アクセス&お問い合わせ先:
<情報を挿入>

トップに戻る

医療情報を患者と共有する

UpToDate®は、臨床医が診察室で患者と一緒に確認できるように、約1,500件の患者向け情報記事を提供しています。これらの記事をUpToDateのプログラム内でEメール送信したり、印刷することもできます。UpToDateの患者向け資料を提供することで、エビデンスに基づいたコンテンツを使用して治療を推奨する時に、その推奨が提供情報と一致していると確信することができます。

患者向け教育記事には2種類あります:

The Basics(基本)

  • 短い記事(1~3ページ)で、基本的な読解レベルを対象に執筆され、英語が苦手な患者に特に役立つ
  • 症状についての重要な4~5の疑問に対する回答を提供
  • 図や画像などの視覚要素で主要メッセージを強調

Beyond the Basics(詳細)

  • より高度な読解レベルを対象に執筆された長めの記事(5~10ページ)
  • ある程度の専門用語を使用した詳細情報
  • 医療従事者向けの関連臨床レビューへのリンク

患者向け情報は、患者ケアに通訳者を使用する場合も役立ちます。主要な情報が簡単な言葉で書かれているため、早く容易に通訳できます。

患者教育資料へは、以下のいずれかの方法でアクセスできます。

  • ツールバーにある「Patient(患者)」情報タブをクリックしてすべての記事を表示する
  • 臨床用語を検索する前に、検索ボックスのドロップダウンメニューから「Patient(患者)」を選択する
  • 臨床用語を検索した後に、左側のナビゲーションパネルにあるメニューから「Patient(患者)」を選択する

患者は情報を求めています。UpToDateの患者向け記事は、整合性のある関連情報を提供しているため、患者、家族、友人が患者をケアする際に役立ちます。

アクセス&お問い合わせ先:
<情報を挿入>

トップに戻る

患者向け情報へのアクセスを地域社会に提供

<医療機関名>は、UpToDateの患者向け情報へのアクセスを提供しています
<医療機関名>は、患者がさまざまな医療テーマについて詳しく学ぶための情報を提供しています。さまざまな医療テーマに関する患者向け情報には、2種類あります。

The Basics(基本)

  • 基本的な読解レベルを対象に執筆された短い記事(1~3ページ)
  • 症状についての重要な4~5の疑問に対する回答を提供
  • 図や画像などの視覚要素で主要メッセージを強調

Beyond the Basics(詳細)

  • より高度な読解レベルを対象に執筆された長めの記事(5~10ページ)
  • ある程度の専門用語を使用した詳細情報
  • 医療従事者向けの関連臨床レビューへのリンク

この情報には、<患者向けポータルの詳細>からアクセスできます。

トップに戻る

UpToDate®で看護師が求める臨床情報をすばやく検索します

看護師が求める臨床情報をすばやく検索するUpToDate®
<医療機関名>はUpToDateを施設契約しています。 UpToDateは病院内のほとんどのコンピューターからアクセスできます。看護師のみなさんもこの電子ツールを利用し、臨床ケアの向上に役立ててください。

UpToDateとは?
UpToDateは、ポイントオブケアでの使用を目的とした臨床意思決定支援システムです。インターネットベースのプロブラムで、24の専門領域にわたって掲載されている10,500件以上の臨床レビューを検索できる他、170種類以上の医療用計算機能が備わっています。また、成人・小児向け医薬品や国際医薬品に関する5,800件以上の情報をカバーする厳選医薬品データベースと薬物相互作用ツール(Lexicomp®と提携)が収載されています。

UpToDateを利用する理由

  • 医学トピックについて学ぶ
  • 処置についての情報を得る
  • 医薬品を調べる
  • 患者向け教育資料を提供する

UpToDate®は、エビデンスに基づいた最新情報を体系化し、検索しやすい形式で提供しているため、臨床上の疑問に対する回答をすばやく入手するのに役立ちます。

UpToDateの詳しい利用方法を学ぶ短いビデオを、UpToDateのウェブサイト(www.uptodate.com/home/help-demo)でご覧ください。この有益な情報源を、是非ご活用ください。
アクセス&お問い合わせ先:
<情報を挿入>

トップに戻る

UpToDate®とLexicomp®

UpToDateの医薬品データベースおよび薬物相互作用ツールにすばやく、簡単にアクセス
UpToDateの購読契約には、Lexicompへの部分的なアクセスが含まれます。Lexicompは基本的な医薬品情報を提供し、5,800件以上の詳しい医薬品評価資料が収載されています。この医薬品情報は、簡潔で分かりやすい医薬品評価資料を備えており、実用的な推奨用法に迅速かつ容易にアクセスできるため、医療行為をスムーズに進めるのに役立ちます。

Lexicompのデータベースには、以下を含む厳選医薬品情報が収載されています:

  • 一般的および疾患別の推奨用法・用量(エビデンスに基づいた適用外使用を含む)
  • 腎機能障害、肝機能障害、肥満、毒性などに合わせた用量調整の推奨
  • 小児向け、新生児向けの用法・用量および投薬
  • 前投薬の推奨や患者のモニタリング測定値などの役立つ詳細を含む薬剤有害事象、警告、注意
  • 医薬品のブランド、利用可能な分量(強さ)、剤型情報などの投薬詳細
  • 現在のFDA特殊警告およびカナダ保健省の主な安全性情報
  • 別途提供されている薬物相互作用プログラム(Lexi-Interact™)は、薬物-薬物間、薬物-薬草間相互作用のより詳しい分析を収載(上部ツールバーのタブからアクセス)

<医療機関に完全なLexicompデータベースがあり、ライセンス間のリンクが設定されている場合は、以下を追加>

<医療機関名>はLexicompとも購読契約しているため、Lexicompデータベースの完全版にUpToDateからアクセスできます
Lexicompで利用できるその他の情報:

  • 妊娠中・授乳中の医薬品使用情報
  • 新規に承認された薬剤や第三相試験中の薬剤の評価資料を収載し、作用機序や効能比較の詳細を説明する「Formulary Monograph Service(処方薬剤評価資料)」
  • 薬理ゲノム学、遺伝子変異(ジェネリック薬)、薬物療法への影響に関する情報
  • 静注適合性、静注投与安全性、同時投与に関する情報
  • 最もよくある毒物・非毒性物質への曝露に関する毒物学情報
  • 医薬品識別:記載文字、剤型、形状、色を元に不明薬剤を識別
  • 用量計算機および比較表
  • 患者向け医薬品情報を19カ国語で提供

この価値ある情報源にアクセスし、患者ケアを継続的に向上させる取り組みの一環として日常的にご活用ください。

トップに戻る

ニュース&イベント